大量の硬貨、本当にゆうちょATMで預け入れできる?

スポンサーリンク
節約
この記事は約7分で読めます。

この記事は小さなくくりでは節約のお話のようでいて、節約のお話ではありません。
貯金箱に貯めた小銭についてなので、大きなくくりでは節約のお話です。
なのでカテゴリーは節約です。

外出自粛下で、銀行の窓口が混んでいるニュースを聞きましたね。
古い通帳を解約したり、貯金箱の中の小銭を預け入れたり。
今日はその、貯金箱の小銭をどうするか問題について考えたいと思います。

スポンサーリンク

郵便局のATMは硬貨が預け入れできる! でも……?

普通の銀行のATMは硬貨が預け入れできません。
一部、現金振り込みの際は硬貨を使えるATMもありますが、預け入れには使えませんね。
でも銀行窓口の開いている平日昼間に行く暇がない!!
というかたがたくさんいると思います。
そこで使えるのがゆうちょ銀行のATM。
郵便局のATMなら、預け入れでも硬貨を入れることができます。
お札を入れる場所の隣りにある貯金箱みたいな入り口が開きます。
ガバッとは開かないので、1枚ずつちまちま入れる必要があります。

ここでちょっと自分語り……

ある日、大きな貯金箱で数年貯め続けた小銭を銀行の窓口に持っていきました。
中身は全部100円以下の硬貨です。
家計簿を書くタイミングで、財布の中の1円、5円、10円、50円を貯金箱に移していたので、ついにそれを預け入れることにしたのです。
入金の用紙に金額は書かなくても、銀行の機械で数えてもらえるので大丈夫とどこかで聞いたことがあったので、そのとおりにしました。

金額はわかりますか?

分からないんですよね

だいたいでもいいので分かりませんか?

金額をけっこう突っ込まれる! 聞いていた話と違った!

その後、金額なしでも預かってもらえました。
が、20分以上待たされました。

まあ、量が多かったから仕方ないね

それで、名前を呼ばれて窓口に行くと……

下のほうのお金が酸化してくっついていて大変だったんですけど

と、結構嫌みたらしく言われてしまいました……。
100円札を預け入れたときでさえ、なにも言われなかったのに…….。
ちなみにそのときの金額は7,000円ちょっと。100円以下の硬貨だけでこの金額は結構大きいですね。
そんなお金を確認せず持っていった私が悪いのですが、それ以降窓口で硬貨を預ける勇気がありません。

そこでインターネットの力を借りて調べてみたら、郵便局のATMは硬貨が入れられるというではありませんか!
調べたときには、貯金箱のお金を預ける目的で使用するかたもそこそこ見かけました。

それからはわたしも、人のいない時間を見計らい郵便局のATMでじゃらじゃらと硬貨を預け入れしていました。
硬貨の入り口が開いているのは1分くらいですかね。
しかも貯金箱みたいな1枚ずつしか入れられない入り口。時間いっぱい頑張って入れていましたよ。
入れたあとも結構処理に時間がかかるんですよね。
ATMが「ありがとうございました~」と言っても油断大敵。
その後、「ガシャン、ガシャン」と処理を続け、そのあいだはATMの操作ができないので、人が来てしまったときのことを考えて、処理が終わるまでATMの前で待機しているのが無難だと思っています。

ゆうちょのATMは嫌味を言われることもなく、週末の好きな時間にできるのでとても楽でした。

大量硬貨の入金は他のかたの迷惑になります

その日も小銭の入ったビニール袋を手にし、ATMへ。
一生懸命ATMに小銭を突っ込んだあと、処理待ちの時間にATMのまわりを見ていると、張り紙が……
「大量硬貨のATMでの入金はお控えください」

わ、わたしのことかー!!!
いわく、

  • 詰まって故障の原因になる
  • 硬貨がいっぱいになると機械が使えなくなる
  • 待ち時間が長くて他のお客様の迷惑になる

ということだったはずです。ほかにも理由があったかな……?
ATMの前で写真を撮るわけにもいかないので、記憶が曖昧ですが。

すでにわたしは大量硬貨を入れてしまったあとですよ。
それから、最後の砦であった郵便局ATMという手段を失いました。

いちおう、ひとのいない時間を狙うなど、迷惑にならないようにしていましたが、大量硬貨を入れること自体が迷惑行為なのです。
だったら100枚も入れられないようにすればいいじゃーん! と、わたしは正直、今でも思っています。
できるのにやっては駄目より、仕組みで解決したほうがいいとは思うんですが、機械を替えるのは大変なんでしょうね。

ちなみに、わたしのせいで貼られたと思っていた張り紙ですが、後日用事があり別のATMを使ったら、同じものが貼ってありました。
わたしを名指しで注意するために貼ったものではなかったんですね……。

貯金箱の小銭をどうするのがいいか

いろいろ考えてみて4つの案を思いつきました。

  • 大人しく銀行窓口に持参する
  • 500円貯金にする
  • 貯金箱をやめる
  • 毎日少しずつATMで入金する

大人しく窓口に持参する

これが一番王道ですね。
しかし問題がいくつかあって、窓口に行く時間がない。
わざわざ仕事を休んで行くのも有給休暇がもったいない。お昼の休憩に行っても、休み時間内に帰ってこられない。
(わたしが20分以上待たされたのを考えると、どんなに近い銀行でもなかなか大変だと思います)

なにより問題なのは、最近の銀行は預け入れの硬貨が大量だと、手数料を取られる銀行が出てきました。

前は両替で大量硬貨だと手数料を取られていたのですが、今は預け入れでもかかるようになってしまいました。
せっかく貯めたお金から手数料が取られないためにも、行く前に銀行のHPでしっかり確認しましょう!

なので最近ではあまりよい方法とはいえないかもしれません。

500円貯金にする

上記を踏まえて考えたアイディアがこれです。
500円貯金なら貯まったときの金額が大きくなるので、有給休暇を取って手数料を払って預け入れても、まだ気持ちのモヤモヤが少なくなる気がします。
昔のわたしのような100円以下貯金をやめ、500円貯金にするのが今風の方法(なのか……?)

貯金箱をやめる

結局、わたしが取った方法はこれです。
それまでは家計簿の残高を合わせず、小銭は貯金箱へ、というやりかたをしていましたが、残高をきっちり合わせて貯金箱の出番をなくしました。
かわりに、おつりをキレイな金額でもらうことに命をかけることにしました。

貯金箱のお金をどうするかを考えるのが、めんどうになってしまったんですよね。
窓口に持っていきまた嫌味を言われるのも嫌ですし。

毎日少しずつATMで入金する

でもやっぱり貯金箱が好き! という気持ちはよくわかります。
貯金箱は節約というより、趣味ですよね。
なので楽に入金ができ、郵便局に迷惑をかけない方法を考えた結果、毎日少しずつのATM入金なら大丈夫なのではないかと推理しました。
(※直接郵便局に確認をとったわけではありません!!

あくまで大量の硬貨入金がだめなのであって、少しの硬貨入金は許されるはず。
多くても20枚。1回にじゃなくて1日に。
これくらいなら郵便局も許してくれるのではないでしょうか。
なぜ20枚かというと、お店で20枚以上の硬貨を使うのをお店は拒むことができると聞いたことがあるからです。ぎゃくにいえば、20枚以内ならOKということかと思いまして。

応用として、貯金箱を持たない貯金箱の運用もできそうです。
毎日帰宅途中に郵便局のATMに寄り、財布の中の小銭を預け入れることで部屋に貯金箱を置かずに貯金箱貯金ができます。
しかも常に残高がわかる。
しかし通帳がすぐにいっぱいになり繰越が面倒という大きすぎるデメリットはあります。

銀行だと通帳繰越機能のついたATMもありますが、ゆうちょはどうでしょう。わたしはまだ見たことがありません。

とはいってもこの方法は郵便局に確認を取っていませんので、自己責任でお願いします!!

まとめ

考えてみても、これといったよい対策は思いつきませんでした。
結局は貯金箱を持たないというのが一番の解決策のような気がします。
大量硬貨の預け入れに手数料がかかるなど、昔とは状況が変化してきているので、貯金箱は転換期に来ているのかもしれませんね。

最近はキャッスレスの普及で現金を使う機会が減ったかたも多いのでは?
貯金箱で貯金をするより、いかにお得な買い物をするかにシフトチェンジしたほうが、これからの時代はより節約に繋がると思います。

最終的にそのオチかーい!

でも貯金箱は開けたときの楽しみがあるから、やめたくない気持ちはよくわかります。
臨時収入みたいな感覚で。

タイトルとURLをコピーしました